So-net無料ブログ作成

明日から、中華料理店でアルバイト開始! [お仕事]

このところ、求職中だったのだが、先週金曜日、とりあえずのアルバイトが決まりました。

中華料理店の皿洗い・トレイに出来上がった料理をセッティングしたり、いわゆる厨房のお手伝いです。

11:00~15:00まで週3回(土曜あるいは日曜を1回含む)勤務体系です。時給は、研修期間(最初の30日)は750円、その後は800円、能力に応じて~900円だそうです。・・・お皿を割ったり、ひびを入れたら、研修期間を過ぎたら、1枚につき100円とられるそうです。第1・第3水曜日の9:45~は1時間の無給(その代わり勤務後に1品注文できるそうです)のミーティングがあるそうです。

お昼休みが取れないのでお昼ご飯を勤務前に食べなくてはならない(あるいは、食べない)のと、油臭さがどの程度我慢できるかにかかっていますが、第2・第3木曜日の歌のレッスンの時の時間は確保できるので、・・・まずは、やってみます!!

私のことだから、「のろまで何やってるんだろう~?」と思われるのは、目に見えているけれど、うつで家にこもっているのも、もう限界になった(つまり、元気になった??)ので、いちかばちかやってみます。

理想は、事務の仕事に復帰することだけれど、最初の一歩です。


タグ:アルバイト
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

オーディションの講評が届きました。 [声楽]

5月に行われた市のオーディションは、不合格でしたが、講評を後日郵送して下さるとのことでしたので、どんな講評であれ、楽しみに待っていたのですが、・・・やっと昨日届きました。

なので、オーディションの本番の音源と講評を、公開しようと思います。

曲は、ヘンデルのLascia ch'io pianga(私を泣かせてください)です。

伴奏は、友人のピアニストさんにお願いしました。

講評:素直な発声で勉強の方向性は良いと思いました。母音の響きの統一、響きの深さ、そして明るさと輝きを高めるために、イタリア語歌唱の発音(発語)の習得に励むことをお勧めします。それによって音楽的なアクセントと言葉やテキストの持つアクセントの一致、語感表現への理解が深まるのではと思います。また、“ダ・カーポ・アリア”の基本的な演奏法を理解されることも必要と思いますので頑張ってください。

 

合格者の方達のコンサートは今月末に行われるが、私は、アルバイトの関係で聴きに行けるかわからない。・・・勿論聴きに行きたいが・・。

講評が届くのが随分遅かったので、もはや、届かないのかな?と思っていたので、こんなに丁寧な講評がいただけて、感激です。

ダ・カーポ・アリアの演奏法について、さっそく調べてみました。・・・ヘンデルの曲の場合、ABAと繰り返される場合、二度目のAは、装飾音をつけて歌うのが普通だそうです。

まあ、私の場合、基本の発声をまず、勉強しなおす必要があると実感しているわけですが、とてもいい勉強になりました。

オーディション当日の様子は、こちらをお読みください。

 

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。