So-net無料ブログ作成
検索選択

義母のお見舞い [日記]

先日、義母の入院先に、私の両親を連れて、お見舞いに行ってきた。

義母は、1月に、可動椅子に座っての夕飯の支度中に、椅子の車輪部分にマットを巻き込んでしまい、転んでしまっての外傷性の脳梗塞だ。

意識も取り戻し、命に別条はなかったのだが、右の頭部をうちつけてしまったための右の部分の脳梗塞なので、左半身を動かすことができなくなってしまった。

最初は、救急搬送された大病院に入院していたのだが、ある時期を過ぎると、転院しなくてはならないようだ。つまり、救急病院は、あくまでも、救急救命が使命なので、救命が終わり、病状が落ち着いたら、その病状にあった病院に移らなくてはならないのだ。より多くの差し迫った命を救うために・・。

そういうわけで、義母も、3月末には、現在の病院に転院したのだった。夫の単身赴任やら何やらで、私が現在の病院に初めてお見舞いに行ったのは、ゴールデンウイークであった。そして、今回は、私の両親を連れてで、私は、今の病院は二度目となる。

最初の大病院では、積極的医療も試みたのだが、現在の状況では、限界があるらしく、今入院している病院では、食事については、鼻からのチューブによる流動食となっているようであった。・・・排せつは、歩けないので、おむつだ。

義母は、血色も良くなり、私の父や母に、3年ぶりや11年ぶりに会っても、しっかり分かっていたようだし、最初のうちは、しっかり話の筋も通っていた。また、首の角度も自分で変えられるようになっていたし、動く右手を上に挙げ、グーパーや、曲げ伸ばしをしてみせてくれて、「これ以上悪くならないように、自分でリハビリしているのだ」と言っていた。・・・・ただ、後半になってきたら、現実じゃない話もはいってきたり、看護士さんに心ない言葉を言われたりされたりすることがあると、こぼしていた・・・。どこまでが本当の話なのかわからないが、・・・以前の病院に入院中の時は、体がどんなに弱っていようと、弱音をはかず、気丈だった義母が・・・ショックであった。

先の見通しが立たない寝たきりの食事も自分の口から取れない状況・・・こんな状況が毎日くりかえされているのだから、気弱になるのも、幻想を語るのも、ちょっとした看護士さんとのすれ違いをとても悪くかんじてしまうのも、当然かもしれない。

それにしても、半身不随だったら、もう、自分の口から、ほんのひとさじでも、食事をとることはできないのだろうか??・・・生きる意欲、生きている実感に、多大な影響があると思うのだが・・・。今はまだ、変化の状況を見ている段階なのだろうか??

どうか、義母に、希望、意欲、はりあいをもたせてほしいと、切に思った。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

オーディションは、やはり、不合格でした。 [声楽]

オーディションは、16名の参加で行われ、6~7名の合格者をだすということだった。

うち、声楽は私を含めて4人だった。あとは、ピアノ、フルート、マリンバ、シャンソン、ヴァイオリンの演奏だった。声楽は、1名、多くても、2名の合格者だろうと思った。

本番前のリハーサル、音だしは一切なしで、本番となった。私の出番は6番目で、声楽の中では、2番目だった。

声楽の最初の方の演奏を客席から聴きたいと思ったが、自分の出番が近いこともあり、また、自分の演奏に集中したい想いもあり、ロビーで聴くこととなった。聴こえてきたのは、安定したはりのある明るい響きの歌声で、ロッシーニの「今の歌声は」を歌いあげた。・・・この人は合格だな、と思った。

さて、自分の番となった。本格的ドレスを着て歌うのは初めてだ。ドレスの裾を踏まないように、気をつけながら舞台中央まで歩いて行って、お辞儀をした。伴奏者の方を向いて、目と目で確かめあい、さあ、正面を向いたら、歌い出しだ。・・・前奏が始まり、さあ、歌・・・・。歌いだしの声が安定せず、どうにか、自分の流れをつかみたいと、ホールに響く自分の声を確かめている自分がいた。・・・すると、音楽が遅れがちになってしまった。また、沢山響かせようと、力んでしまった。・・・これではいけないと、いつもどおりに歌おうと、自分を落ち着かせるというか、音楽の流れに乗って、自然に歌おうを心がけた。・・・あっというまに、曲が終わってしまった。・・・本番はそんな風であった。

昨年の「叱られてコンクール」予選の時、舞台袖からの録音で後悔したので、今回は、客席にボイスレコーダーを置いていき、自分の演奏を録音することができた。

声楽のそのほかの2名の方の演奏は、おひとりは、私を同じように、趣味で歌っているような感じであった。もう一人の方は、声が安定していて、やはり、専門的に勉強された方なのかなあと思った。

ピアノの演奏は、こういっては何だが、ひきはじめた瞬間に、きちんと勉強された方なのか、趣味で弾いてる方なのか、タッチの違いというか、音の違いですぐにわかってしまったように感じた。

歌もまるで、これと同じで、発声の基礎ができているかどうかがすぐにわかってしまうのだと、実感した。

基礎ができていないと、安定した音(歌なら声)がでず、音楽が安心して聴けないのだ。聴くにたえない音楽になってしまうのだ。

歌う時の発声の響きのポジションを、私は、いまだに、見つけきれずにいる。かつて、ここかな?と思っていた位置が意外と低い所であったり、・・・毎回のレッスンで見つけさせてもらっているのだが、なかなか、自分一人で、ここだ!!と、見つけきれずにいる。

それでも、オーディション当日は、自分なりに、それをつかみつつあった家での発声練習、歌練習、そして、調子よかった伴奏者宅での伴奏合わせ・・・本番は、リハーサルなし、発声なしという厳しい条件であったが、・・・歌いだしの呼吸が緊張のせいもあって整っておらず、・・・・あらためて、発声のポジションをつかむことの大切さイコール基礎の大切さを身をもって知りました。

さて、午後4時過ぎ、オーディション結果の発表がボードで行われました。7名の方が合格となり、声楽は、最初に歌われた方1名の合格となりました。

来年も目標の場として、オーディションに参加するかわかりませんが、とてもいい勉強になりました。

 

なお、本番の録音の音源は、審査員からの講評が届いてから、いっしょに公開しようと思っています。・・・練習の時のように、室内で歌うのと、ホールで歌うのとでは、大違いで、基礎ができていない悪い所が顕著に表れてしまうという感じでした。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

いよいよ、今日がオーディション [声楽]

いよいよ、本日午後2時から、市の文化会館大ホールにて、新人サロンコンサートオーディションが行われる。

今朝は、3時くらいから、目が覚めてしまった。

先日届いた案内によると、1時半受付とのことで、合否の結果は、4時過ぎにでるとのことであった。また、演奏順は、当日、つまり、今日、その場で発表されるとのことだ。着替えの場所は用意してあるとのことであるが、発声等事前の準備をする場はないそうだ。つまり、行って、いきなり歌うことになる。

参加人数も知らされておらず、一体どれほどの人が応募したのかも不明のままだ。

いずれにしても、声楽、ピアノヴァイオリン等、合格するのは、それぞれ、若干名だ。

 

3日前、2回目の伴奏合わせを行った。前奏、間奏、テンポ、強弱等、遠慮なく希望を伝え、入念に打ち合わせた。1回目の時の伴奏合わせより、格段と歌いやすくなった。

昨日、一昨日と、練習しすぎて喉を傷めない程度に、わきまえて、練習したつもりであるが、いまだに、高音部の発声のツボをおさえきれていない。つかめそうで、つかめない、そんな感じだ。昨秋の好調時には、気持ちよく出せた声が、12月なかばからつい先日まで、レッスンを休んでいたブランクは大きい。・・・というより、その間、自宅での練習もついつい、途絶えてしまっていた、そのツケが大きい。

さて、今日は、午前中に、自宅で発声練習と、録音に合わせて歌う自己練習。12時に、伴奏者さんのお宅で2~3回合わせを行って、2時以降の本番に備える。

単身赴任中の夫が帰宅中であったり、浄化槽の点検業者が来る等、なかなか、オーディションに集中するのも難しいが、今日のところは、夫にも、アッシー君になってもらって、集中しようと思う。

娘は既に、早朝バイトに出発した。洗濯も布団干しも、ゴミだしも完了。後は、夫と息子の朝ごはんだ。それが終わったら、身支度と練習に集中して本番に臨みたい。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

早朝バイトにいそしむ娘 [子育ち]

このところ、毎日、疲れきっているようで、メイクも落とさず、コンタクトレンズもはずさず、着替えもせず、お風呂に入ると言いながらも入らず、部屋の電気もつけっぱなしで朝まで寝てしまうだらしない娘・・。

「部屋の電気は消して寝て。」「夜、お風呂に入らないで翌朝入るんだったら、ガス消して、お風呂の窓開けて寝て。」「コンタクトレンズはずさないと眼に悪いよ。」・・・、・・・「部屋汚すぎ・・」・・・。毎日繰り返される私の言葉・・・。

言いたくはないんだけど、二十歳まであと1年半。生活態度がこのままで、二十歳になってしまっていいのかと、やっぱり、今のうちに言っておかねば・・・二十歳になったら、もう言わないからと思い・・・言っていた私。

ところが、娘はよっぽど嫌だったらしく、「この家嫌だ。出たい。嫌だ。」というようになってしまった。一人暮らしをしたいというより、家出をしたいような感じだった。・・まるで駄々っ子のように・・。

私「うちには、余裕がないから、一人暮らしはさせてあげられないから。」「卒業して就職したら、すぐ出て行きな。」

娘「お金があればいいの?」「じゃ、自分で貯めたらいいの?」

私「無理だよ。奨学金の返済だってあるし、二十歳からは、国民年金支払いもあるんだから、学生はこの猶予期間で、その分もいわゆる借金状態になるんだから、貯めたお金はそういうののために、とっておかなくちゃ・・。」

娘「でも、この家嫌だ・・。」

私「じゃ、お父さんに言ってみな。」

めずらしく、娘は夫に電話して話したらしい。

その結果、夫は、娘が大学生になってからは、単身赴任で家にいないので、よくわかっていなかったようだが、・・・それでも、高校時代の娘の生活(これもかなり、がんばってはいたが、やはりだらしなかった)を知っていて、それよりひどくなっていると私からきいていたのだが、・・・最近、家嫌だと言っていることも話してあったので、・・・娘からの直接の電話に聞き入ったようだった。

そして、「当分、もう、注意するには止めにして、自分で考えてやりなさいと言って、放っておこう。失敗したりして、自分で気づいて、生活態度を改めるしかないんだから。」ということになった。

翌日、娘「〇日、夕飯友達と食べてきていい?」私「もう、お母さんは何にも言わないから、自分で考えてやりなさい。本当は、二十歳になったらと思ったけど、もう、何でも自分のおもった通りにしたいんでしょ?」娘「「うん。だって、いきなり二十歳からじゃできないじゃん。」私「でも、自分の行動を予測できないのはよくないよ。・・何時に帰ってくると言って、それより遅くなるとか、お風呂に入るといって、そのまま寝てしまうとか、無理そうなことは言わない、自分の行動の予想ができなくちゃ。」

というわけで、今朝の早朝バイトから、私は起きなくていいからということで、娘は、自分で朝ごはんを食べて、お昼御飯のおにぎりをつくって、5時半にでかけていきました。

自律の一歩のはじまりです。

私は、5時前から、目覚めていたけど、なんだか、邪魔しちゃいけないようで、寝てました。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

今日のお弁当全部食べたやっと元気になった長男 [子育ち]

このところ、大学の通信課程を受けるかどうかに始まり、なにかと、悩みがちで、元気がなくなっていた21歳の長男。

専門学校3年生になり、同じクラスの人数が10名と少なくなったこともあり、また、2年で卒業して就職した同級生は、もう、現場で働いていると思うと、きっと、焦りもあったのだろう。なにかと、親しい友人もいなくなり、寂しいし、・・・といったところだろうか。

また、これまでの人生を振り返ったり、これからの人生を考えて不安になったりしていたようだ。

いずれにしても、人は皆、ひとりひとり、似たようでそれでいて、別々の道を歩むこととなる。

主人公は、自分ひとり。悩みながらも、不安に押しつぶされそうになっても、自分でのりこえていかねばならないのだ。

この土日は、バイトもなく、暇すぎて、連休中の忙しさと頑張りの反動でおかしくなっていたのかもしれない。

そんなわけで、幼稚園児ではないのだけれど、弁当完食は、久々の元気印で安心した母でした。


タグ:自立
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

オーディションに備え諸々雑用・・ [日記]

来週はいよいよオーディション。
おとといのレッスンではいろいろと、また気をつけなくてはならないこと等アドバイスをいただいた。

さて、オーディションに向け、昨日は、雑用を諸々かたづけた。

まず、髪の毛のカットとヘアマニキュア頭皮にトラブルがありがちなので皮膚科の医師にマニキュアにするよういわれている)。・・・ただ染めるとつまらないから、少し変化をつけてもらうよう頼んだが・・・オーディション前なのに、奇抜になったらどうしよう??と途中不安もよぎったが・・・できあがりは、ごく普通でほっとした。

次に、コンタクトレンズをワンデーアキビューに変えた
・・かなりおもいきったが、今まではハードコンタクトレンズだったのだが、ここ半年くらいもう、ドライアイがつらくて、ほとんどメガネで過ごしていたのだが、本番をメガネでというわけにもいかず、ひさしぶりにコンタクトを入れてみたら、やはりつらく、同じくドライアイに悩む伴奏の方が「ワンデーアキビューに変えたら全然世界がかわったようだったよ、いいよ」と言っていたのを思い出し、さっそく、眼科に相談に行き、昨日からお試し期間となった。いまのところ、つけ心地良好だ。・・・私の場合老眼も入りつつあり、乱視が入っているので見え方をお試ししてください。場合によったら、調整が必要なのでとのことであった。

お次に、娘の成人式の振袖を完全予約。支払完了した。
といっても、まだ2年も先の成人式なのだが、4月下旬からダイレクトメールが届くようになり、先日娘とみにいってきたのだが、購入はせず、レンタルすることにした。が、お店によって一長一短あり、決めかねていたのだが、もうひとつ気になるお店の予約会がオーディション当日からとなっていて、気がかりだったのだが、問い合わせたところ、娘のサイズは品薄とのこともあり、結局、先日みにいって、内金だけ払って、1週間だけおさえておいたものにすることに決め、残金の支払いも済ませてきた。11万とちょっととなった。私にはどの位が相場なのかわからないが、上を見ればきりがなく、かといって、娘のサイズ(背が高い、足でかい)のこともあり、気に入ったものがみつかったので、ここで決断した。・・・親孝行なので、前撮り着付けメイクつき、当日着付けヘアメイク付きのもので最低価格のものの中から選んでくれた。・・・ただし、草履は足が大きいのでLサイズの追加料金となってしまったが・・・。

さあ、あとは、練習あるのみ・・。このところ、少し寒く感じているので、風邪には要注意だ。


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

メンタル通院途中でみた本物のカナリヤ [日記]

今日は、メンタルクリニックに通院したのだけれど、待ち時間が長いので、その間、昼食をとったり、書店をのぞいたり、プチウインドウショッピングの時間となる。

今日は、時間がありすぎたので、いつ立ち寄っても、まだ聴いたことがない本物のカナリヤの鳴き声を聴いてみようとおもい、ペットショップの鳥かごの前でじっくり待っていた。

しっかり、写真も撮りました。

PA0_0001.JPG

これは、「レモンカナリヤ」の雄で10000円の値がついていました。ちなみに、雌は5000円でした。

写真を撮ったりのぞき込んだりしていたので、お店の方が出てきて、お話してくれました。

お店の方「近くで覗き込んでいると、鳴かないよ。涼しいとよく鳴くのよ」

私「かなりやの歌にもあるけど、歌を忘れたって・・・」

お店の方「とにかく、涼しくないと鳴かないのよ。鳴く時は、本当によく鳴くのよ。朝とか夕方よく鳴くのよ。冬大事にしすぎると、過保護に暖かくしていると、鳴かなくなるのよ。」

そういってお話をきいていたら、カナリヤがピー、ピ~~、ピュロロロロ・・、ピ~~と鳴きました。私は、初めて聴くカナリヤの鳴き声に目をみはりました。

お店の方の話によると、雄が繁殖のために誘うため、鳴くそうです。だから、雌は鳴かないので値段も安いそうです。また、とても敏感で繊細な小鳥だということで、サリン事件の時や、炭鉱事故の時など、カナリヤが毒ガス検知の役割を果たして、人間の先頭で活躍しているとのこと。・・・これは、私も知っていました・・・。また、赤いカナリヤもいました。こちらのほうが、鳴き声が高いそうです。原種に近い緑色の様なカナリヤもいるそうで、これは、鳴き声が低いそうです。いずれにしても、さえずりではなく、その鳴き声は歌っているようでした!それから、なんと、カナリヤのコンクールも毎年行われているそうです。容姿と鳴き声を競うのでしょうか。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

娘から花をもらった [子育ち]

おとといの夜だけど、娘から、花束の小さいのをもらった。
娘「母の日明日だと思ったら、あさってだった」

このところ、早朝バイトと、友人との夜の語らいで忙しそうな娘・・・体にだけは注意してね・・。

小さな花束でもやはり、うれしい。

PA0_0000.JPG

本当に、小さい花束でしょ!


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

子どもたちのやる気と学費 [子育ち]

ここ最近の目下の悩みは、子達がやる気があるのに、それに十分にこたえてあげられるだけの学費が出せるか・・・??ということでした。

私が現在外で働いていないだけに、これは、切実な問題です。

息子は、自動車整備の専門学校の3年生だが、通信制大学の受講を学校から勧められているようで、・・・環境に関する勉強をし、レポートを提出したりスクーリングに出席すれば、大卒の資格が得られるとか・・・費用は、2年間で40万とか・・・。

かたや、娘は、ドイツ留学試験に受かるのを目標に頑張ろう~等と言っている・・・。

ところが、これが、調べてみたら、1年間の休学となり、卒業も1年延びて、留学費用がざっと180万ときたものだ!

息子も娘もやる気があるのは、大いに結構だが・・・・。

頭をかかえてしまって、私は、食欲までおちてしまった・・・。

息子に関しては、不登校等いろいろあったので、やる気は損ねたくないが、正直、大卒を売りにした儲けられ話にのせられているのではないかと…危惧してしまう。

大卒が世にあふれて、いまや、就職難の時代。大卒資格にどれだけの意味があるのだろうか???

息子も、正直、迷っている様子。…期限までには、答えをださなければならないのだが・・・。

娘はというと、「お母さん真面目に計算してみたよ」といったら、・・・「旅行でいいかなあと思った」とのこと!・・やはり、お気楽娘であった!!

娘の滑り止めの合格した大学では、春休みだけ、とか、夏休みだけ、とかの短期のホームステイ体験など、また、3ヶ月間の短期留学プランもあったりしたのだが、・・・

見事第一志望の大学に合格したら、大真面目な、1年間留学の話だけ・・・なんということか・・。

 いずれにしても、この数日間は、身の細る想いでした。

 


タグ:子育て
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。