So-net無料ブログ作成

オーディションは、やはり、不合格でした。 [声楽]

オーディションは、16名の参加で行われ、6~7名の合格者をだすということだった。

うち、声楽は私を含めて4人だった。あとは、ピアノ、フルート、マリンバ、シャンソン、ヴァイオリンの演奏だった。声楽は、1名、多くても、2名の合格者だろうと思った。

本番前のリハーサル、音だしは一切なしで、本番となった。私の出番は6番目で、声楽の中では、2番目だった。

声楽の最初の方の演奏を客席から聴きたいと思ったが、自分の出番が近いこともあり、また、自分の演奏に集中したい想いもあり、ロビーで聴くこととなった。聴こえてきたのは、安定したはりのある明るい響きの歌声で、ロッシーニの「今の歌声は」を歌いあげた。・・・この人は合格だな、と思った。

さて、自分の番となった。本格的ドレスを着て歌うのは初めてだ。ドレスの裾を踏まないように、気をつけながら舞台中央まで歩いて行って、お辞儀をした。伴奏者の方を向いて、目と目で確かめあい、さあ、正面を向いたら、歌い出しだ。・・・前奏が始まり、さあ、歌・・・・。歌いだしの声が安定せず、どうにか、自分の流れをつかみたいと、ホールに響く自分の声を確かめている自分がいた。・・・すると、音楽が遅れがちになってしまった。また、沢山響かせようと、力んでしまった。・・・これではいけないと、いつもどおりに歌おうと、自分を落ち着かせるというか、音楽の流れに乗って、自然に歌おうを心がけた。・・・あっというまに、曲が終わってしまった。・・・本番はそんな風であった。

昨年の「叱られてコンクール」予選の時、舞台袖からの録音で後悔したので、今回は、客席にボイスレコーダーを置いていき、自分の演奏を録音することができた。

声楽のそのほかの2名の方の演奏は、おひとりは、私を同じように、趣味で歌っているような感じであった。もう一人の方は、声が安定していて、やはり、専門的に勉強された方なのかなあと思った。

ピアノの演奏は、こういっては何だが、ひきはじめた瞬間に、きちんと勉強された方なのか、趣味で弾いてる方なのか、タッチの違いというか、音の違いですぐにわかってしまったように感じた。

歌もまるで、これと同じで、発声の基礎ができているかどうかがすぐにわかってしまうのだと、実感した。

基礎ができていないと、安定した音(歌なら声)がでず、音楽が安心して聴けないのだ。聴くにたえない音楽になってしまうのだ。

歌う時の発声の響きのポジションを、私は、いまだに、見つけきれずにいる。かつて、ここかな?と思っていた位置が意外と低い所であったり、・・・毎回のレッスンで見つけさせてもらっているのだが、なかなか、自分一人で、ここだ!!と、見つけきれずにいる。

それでも、オーディション当日は、自分なりに、それをつかみつつあった家での発声練習、歌練習、そして、調子よかった伴奏者宅での伴奏合わせ・・・本番は、リハーサルなし、発声なしという厳しい条件であったが、・・・歌いだしの呼吸が緊張のせいもあって整っておらず、・・・・あらためて、発声のポジションをつかむことの大切さイコール基礎の大切さを身をもって知りました。

さて、午後4時過ぎ、オーディション結果の発表がボードで行われました。7名の方が合格となり、声楽は、最初に歌われた方1名の合格となりました。

来年も目標の場として、オーディションに参加するかわかりませんが、とてもいい勉強になりました。

 

なお、本番の録音の音源は、審査員からの講評が届いてから、いっしょに公開しようと思っています。・・・練習の時のように、室内で歌うのと、ホールで歌うのとでは、大違いで、基礎ができていない悪い所が顕著に表れてしまうという感じでした。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 4

パセリ

かなりや♪さん、こんにちわ。

お疲れ様でございました。
こういう場で歌われるなんて、ほんとに大変なことなのでしょうね。
尊敬してしまいます。

響きのポジションについて書かれていらっしゃいますが…
私には、かなりや♪さんの歌声は、声量もおありだし、とても声楽的に聴こえます。
ほんとに難しいことなんですね。

私なんて、響きのポジションは勿論ですが、音程が下がり気味になったりもして、
コーラスの先生から、よく注意されてます、次元低すぎ(;^_^A

いつも前向きなかなりや♪さん、応援してます。

録音、また聴かせてくださいね。
ドレスのお姿も素敵だったろうな~~。


by パセリ (2010-05-28 12:45) 

かなりや♪

パセリさん
コメントありがとうございます。
大変なんてとんでもないです。ただ、本番恋しさのあまり、出てみたのです。そして、いい勉強になりました。
録音は恥ずかしい出来ですが、あえて、公開しようと思っています。それから、講評も・・・。
厳しいご指摘であれ、今後に生かしていきたいです。
ドレス・・・実は昨年出た「叱られてコンクール」の予選の時、着るものがなく、困っていたので、予選は終わったのに、主人が今後も困らないようにと、買ってくれたものなのです。
今回、はじめて、陽の目を見ました。
by かなりや♪ (2010-05-28 22:46) 

むっちゃん

とにもかくにも、お疲れさまでした。
舞台上でのご自分を冷静に分析されておられるんですね。
さすがですね~。
発声練習なしで本番は、キツそうです。どこでもそんなものなんでしょうか???

自分は歌はできないので(低音でハスキーで悪声^^;)、歌える人は大尊敬です!!!

ご主人様からの愛のこもったドレスも活躍できてよかったですね。
録音の歌が聴けるのを楽しみにしています♪
by むっちゃん (2010-05-29 16:28) 

かなりや♪

むっちゃんさん
コメントありがとうございます。
今回は、リハーサルなしなので、確かに、つらいものがありました。
しかし、1月からレッスンを休んでいたこともあり、よく出場したものだとおもいます。
悲惨な結果は、録音をきいてもらえばわかりますが、いい勉強になりました。
by かなりや♪ (2010-05-29 19:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。